ピューレパールは脇の黒ずみや肌荒れ、色素沈着をすっきりと解消するために開発された脇専用の美肌ジェルです。脇専用なのですが、顔などに塗ったからと言って肌が荒れてしまうことはありませんし、有効成分の働きによって大きな美肌効果を期待することができます。ピューレパールに配合されている有効成分にはいろいろなものがあり、肌の炎症を抑える働きがあるグリチルリチン酸、抗酸化作用によってメラニン色素を分解したり、メラニン色素を作りにくくしてくれるビタミンC誘導体、高い保湿効果および美白効果が期待出来る米ぬかエキス、美肌成分の王様と呼ばれている細胞再生作用を持つプラセンタエキス等は、わきだけではなく顔に使っても大きな効果が期待できますし、ニキビケアなどにも効果がありそうな成分ばかりとなっています。

 

しかし、わきと顔とでは決定的に異なる特徴があり、ピューレパールは脇の特徴を考えて開発されているスキンケア商品ということは、顔に使う前に理解しておかなければいけません。脇と言えば、暑ければ汗をかいたりして、菌が繁殖しやすい部位ですし、臭いやベタツキなども気になりますよね。ピューレパールには、こうした菌対策として、抗菌成分や殺菌成分が入っています。もちろん、こうした抗菌成分や殺菌成分は、顔に使えばアクネ菌の繁殖を防いでニキビ対策となるので、顔に使ったからと言ってマイナスの影響が出るわけではないのですが、できるだけ肌に無駄な成分を与えたくないという人は、この点はあらかじめ理解しておいた方が良いかもしれません。

 

さらに、ピューレパールには天然ビタミンEが入っています。この成分は、肌のバランスを整える作用があるほか、肌の酸化を防止する作用もあるので、黒ずみ対策としては理想的な成分の一つとなっていて、ピューレパールにはたっぷり配合されています。しかも、ピューレパールは無添加タイプなので、敏感肌の人でも安心して使えるという特徴があります。脇と顔とでは、顔の肌の方が敏感という人は多いので、無添加タイプのピューレパールなら顔でも安心して使えそうですね。

 

ピューレパールのさらなる詳細はこちら



ピューレパール 顔につけても安全か?

ピューレパールには、肌のくすみを改善してくれる成分に加えて、肌を保湿してターンオーバーを整える有効成分がたっぷりと配合されています。もともとわきの下のために作られている美白ジェルですが、顔などにつけても問題ないという人は多いので、全身どこでも黒ずみが気になる部分に使えるジェルだと言えるのではないでしょうか。本来は、ピューレパールはわきの下に使うことを想定して開発されたものなので、肌の表面が下向きになっているわきの下でも液だれすることがないようにと、肌への定着力が高いジェルタイプとなっています。しかし、肌に乗せるとスーッと浸透するので、顔につけてもスーッと浸透して、表面はすぐにサラサラになってくれるという効果は変わることなく実感できます。

 

ピューレパールを使う際には、一つだけ注意したい点があります。それは、顔とわきの下とでは、肌の敏感さが異なるという点です。わきの下は刺激や負担に対してトラブルを起こしにくい強い肌質になっていることが多いのですが、顔は普段のメイクやスキンケアなどによって敏感や繊細になっている人が多く、同じスキンケア商品を使ってもわきの下は全くトラブルは起こらないけれど顔につけるとトラブルが起こるというケースはあります。そのため、肌が敏感な人は、ピューレパールをつける際にはもしかしたらトラブルが起こる可能性はあるということを理解して、用心深く少しずつつけてみることをおすすめします。

 

ただし、ピューレパールに含まれている成分には、肌のバリア機能を強化してくれるセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などがたっぷりと入っていますし、肌のトラブルを抑える作用を持つグリチルリチン酸なども入っています。そのため、ピューレパールを使うことにって肌のバリア機能が少しずつ改善されていけば、これまでトラブルを起こしていたスキンケア商品などを使っても安心できる強い肌質を手に入れることも可能です。

 

ピューレパール公式サイトはこちら