ピューレパールもアットベリーも、どちらもわきの下の黒ずみをしっかりと解消することができる優秀な美肌スキンケア商品です。黒ずみ対策商品を探している人にとっては、とっても良く似ているこの2つの商品ですが、いくつか大きな違いがあります。

 

まず、配合されている有効成分ですが、ピューレパールもアットベリーも大きく変わることはありません。どちらも、植物由来成分がたっぷり配合されているオールインワンタイプの美白ジェルとなっていて、わきの下の黒ずみはもちろん、気になる肘や膝の黒ずみにも使用することができます。ただし、配合されている成分は完全に一致しているわけではなく、ピューレパールには米ぬかエキスが配合されている点が特徴です。米ぬかエキスは、日本人の主食であるコメから抽出した成分で、日本人にとっては肌となじみが良い成分としても知られています。しかも、美白効果に加えて保湿効果も期待できるので、これが配合されているピューレパールを使えば、続けるたびに肌が白くサラサラになることは間違いありません。

 

ピューレパールに入っていなくてアットベリーに入っている成分もあります。例えば桑エキスですね。桑エキスは、雑菌の繁殖を防ぐ効果が期待出来る成分なので、わきの下の臭いが気になるという人にぜひおすすめです。わきの下の黒ずみだけが気になる人ならピューレパールの方が大きな効果が期待できそうですし、黒ずみに加えて臭いも気になるという人なら、アットベリーを使うことで高い満足感を得られるかもしれません。

 

ピューレパールとアットベリー、見た目の大きさはアットベリーの方がかなり大きくなっています。しかし、ピューレパールは一回の使用目安量が少量ですが、アットベリーはけっこうたっぷり使うので、1タブあたりはどちらも1ヶ月を目安に使うことになります。そのため、商品の量という点ではあまり大きな違いはないと言えます。価格を比較してみると、ピューレパールの方が少しお得に購入できます。

 

ピューレパールのさらなる詳細はこちら



ピューレパールとアットベリーの比較とおすすめ点

ピューレパールと薬用アットベリーは、どちらもわきの下の黒ずみが気になる人に人気のスキンケア商品です。どちらも口コミなどで人気がありますし、配合されている成分もとても良く似ているので、どちらが良いのか正直分からないという人は多いかもしれませんね。実際に、配合されている成分を見ると、ヒアルロン酸やプラセンタ、セラミドなど、優秀な美白成分および保湿成分がズラリと入っているので、比較しても大きな違いを見つけることは難しいようですね。

 

配合成分で比較した場合、メインとなる成分はほとんど同じです。しかし、一つ一つの配合成分を比較すると、ピューレパールにはビサボロールとか米ぬかから抽出した加水分解液Aが含まれていて、薬用アットベリーには、ピューレパールには入っていない桑エキスおよび香料が入っていることが分かります。そのため、ピューレパールと薬用アットベリーとで、どちらがより多くの美白成分があるかといえば、それは美白作用を持つ米ぬかエキスが入ったピューレパールと言えるでしょう。

 

薬用アットベリーに入っている桑エキスですが、これは雑菌を防いでくれる抗菌作用や殺菌作用があるので、わきの下のニオイが気になる人なら大きな効果を実感できるでしょう。ピューレパールにも抗菌作用や殺菌作用を持つ成分は入っていて、ハーブの1種であるカモミールエキスのビサボロールなのですが、どちらが自分の肌と相性が良いかという点には個人差があるので、実際に使ってみるのが一番ですね。

 

香料が入っていることについては、賛否両論でしょう。良い香りがするアットベリーは、つけるたびにリラックスできて癒されるという人が多い一方で、できるだけ添加物は肌につけたくないという理由で無香料を希望する人も大勢います。無香料を選ぶならピューレパール、良い香りが好きならアットベリーといったところでしょうか。

 

この2つの商品は、どちらも60日間の返金保証がついていますし、容器の大きさも同じぐらいです。また、どちらもドラッグストアなどの店舗では購入することが出来ず、ネットショップを利用しなければいけませんし、最安値で購入するなら公式サイトがベストという点もまた、同じですね。二つの商品のうち、どちらを使うのか迷っているのなら、まずは3カ月ずつ使ってみて、その後でどちらの方が効果が大きかったかで比べてみるのも良いでしょう。ちなみに、ピューレパールも薬用アットベリーも定期購入コースがあるので、続ける人なら安く購入することができます。

 

ピューレパール公式サイトはこちら